めざしたのは、絶対防


            

日本の天候を想定した性能


トリプル防水構造で施工性アップ

日本ベルックスが販売する天窓は、大型風洞実験装置で台風や豪雨、梅雨を再現して実証実験を重ね、防水対策を重視した「日本専用仕様」です。こちらでは、スカイビューシリーズの防水対策について、詳しくご説明します。

トリプル防水構造

スカイビューシリーズは、施工時に次の「トリプル防水構造」でしっかり止水することで、気密性・水密性を飛躍的に高めました。

  1. デッキシール(固定金具枠)
  2. ルーフィングシート+防水テープ
  3. 専用水切り

天窓本体はあらかじめ金属枠で外装されています。その天窓を野地開口に乗せてビス留めするだけで、デッキシールにより天窓と野地板の隙間を埋めることができます。さらに、ルーフィングシートを窓まわりに立ち上げ、防水テープで止水。最後に専用水切りを施工することで確実に防水します。施工性が向上したことで、これまでより容易に気密性・水密性を確保できるようになりました。

風洞実験

幅40m、奥行き18m、高さ6mという大型の風洞実験装置は、最大風速40m/s、最大降水量200mm/hまでシミュレーションが可能。実際の屋根に天窓を設置し、台風や豪雨、梅雨などを再現して実験を繰り返し、欧米使用と比較してさらに対侯性、水密性に優れた日本専用仕様を開発しました。

性能評価

国内の研究機関で実施されている水密性と耐風圧性で、最高ランクの評価をいただいています。

最長20年の長期保証

天窓トップブランドとしての品質と、日本で35年以上におよぶ実績の証として、業界最長の長期保証を実現しています。


20年保証 - ガラス面シーリングからの雨水浸入およびガラス内部結露
※ルーフウインドウシリーズは10年保証

10年保証 - 窓枠およびサッシ間からの雨水浸入および水切り

3年保証 - ブラインド、手動操作キット、モーターなどの電装部品

天窓リフォーム/交換

設計耐用年数である25年~30年を超えている天窓(トップライト)をご使用の場合、リフォーム時に古い天窓を残して屋根だけを交換するのではなく、天窓も同時に交換することをおすすめしています。