平均して私達は人生の90%を屋内で過ごしています。

国際的な世論調査会社YouGovによると、
室内の空気は室外の空気と比べて5倍汚染されている可能性があるが、
そのことに77%の人が気付いていないそうです。

換気が不十分だと湿気やカビが発生し、喘息症状を引き起こすことがあります。
また、光の欠如が睡眠パターンに影響を及ぼし、
健康問題のリスクを高める可能性があるのです。

健康的な家で暮らすことの重要性に気づき、
明るく新鮮な空気で満たされた住環境を手に入れるために
誰もがすぐにできる小さな行動について考えてみてほしい、
そんな思いでベルックスは短編映画「Indoor Generation(インドアの世代)」
を制作しました。「Indoor Generation」とは、
時間の大部分をインドアで過ごす人の数の増加を意味します。

この映画の中で、将来の世代を象徴する若い女の子が、
私たちの生活について重要な質問を投げかけています。

いかがでしょうか。

ちょっと大袈裟だと思う方もいると思います。
しかし、現代のヨーロッパで実際に確認されていることで、
私たちの住環境はヨーロッパの住環境と大きく違わないはずです。

お部屋を掃除したり、食事に気を付けたり、外出したりすることも大切ですが、
より大切なのが、昼光を採り入れ、新鮮な空気を流すことです。
淀んだ空気を交換することで湿気もコントロールできます。

www.velux.co.jp