ARCHITECTS' concept

直射光を入れずに
明るく開放的な吹抜を実現したい

クライアントである60代の女性と家族にとっての『拠り所』であり、やがては彼女にとって『終の棲家』となるであろう住宅に要望されたのは、大好きな緑に囲まれ、よい意味で高齢者の住宅らしくない、若さと元気を与えてくれる、自分らしい『棲家』でした。1階のオープンな空間で将来的に生活が完結できるよう考慮しつつも、日々のトレーニングとなる適度な段差や階段を敢えて残したバリアフリーではない空間です。プライバシーを確保しつつも、将来的に住人が周囲から孤立することのないように、街に対し適度に開いた窓まわりの設計など、「視線のバリアフリー」の検討には特に時間をかけました。

隣地建物がせまっている為、南面と東面からの採光が難しい敷地の短所を補うよう、建物のまんなかに設けた吹抜を軸に大きなワンルームのような簡潔で自由な空間を目指しています。採光と排熱、通風に天窓は必須と考え、1辺7.2mの正方形の中心に大きな天窓1台を備えた吹抜空間を据え、この明るい「まんなか」を起点に周囲の諸空間の設計を進めて行きました。

オープンハウスの日はあいにくの雨空でしたが、屋内はとても明るく、玄関から入った人たちはみんな驚いていました。晴れの日は屋内に居ながらに青空を眺めることができ、さらに綺麗です。風通しも良く、天窓のサイズも丁度良かったと思います。(夕刻の照度シミュレーションでは吹抜中央部が150ルクス程度となる)
OWNERS' impression

若さと元気を与えてくれる
自分らしい『終の棲家』

大きな天窓に、バルコニーや土間に面した気持ちのいい窓など、開放的なこの家が大好きです。朝は天窓からの光が爽やかでとても気持ちよく、天窓を開けておくとすごく風が通るのでよく開けています。この吹抜は、直射光を入れずに明るく開放的な空間をという私たちの要望に応じて、反射光や空の自然な明るさを積極的に採り入れる設計にしていただきました。特に午後はバルコニーの壁に西日が当たって反射光がとても明るく感じられます。

デザイン的にも前面の通りで目を引く素敵な建物になったと満足しています。外装色は白い豆腐のような外観にしたかったので、マットな白色の光触媒塗料で仕上げていただきました。

空と緑に囲まれた若々しい空間でありながらも程よく落ち着いたおおらかな『棲家』になったと思います。


使用天窓:VS電動タイプ S06サイズx1台
photo: 畑拓